Wake Up,Girls!は失敗作か(3)





Wake Up,Girls!本編映像より画像を引用させていただきました。 
前回の記事( Wake Up,Girls!は失敗作か(1)  Wake Up,Girls!は失敗作か(2) )でWUGは萌えアニメとしては駄作と書きました。

(私はラブライブ!はTV版1期2期劇場版と見ましたがアニマスは見てないです。そのうち絶対見ます)
よく比較されるアイドルアニメというカテゴリーにおいてもWUGの評価は低いです。
それは、この作品においてライブを一曲まるごと歌い切るまでダンスシーンがずっと続くシーンが存在しないし、
作画がちょっと悲しい事になっている箇所が多い事が原因でしょう。

ここまで色々書きました。
では、WUGは失敗作なのでしょうか。


そんなことないと思います。
Wake Up,Girls!という作品は本当に素晴らしい作品です。
ただ「アイドルアニメとして~」とか、何かと比較するべきではないと思うんです。
この作品で表現しようとしたことは多分その比較対象と全然違う方角を向いているからです。
なので、WUGはアイドルアニメではないし、萌えアニメでもないんです。


WUGにおいて重要なパートはライブではなく、その前後にあります。
WUGの活動の過程で描かれる人々が希望を取り戻していく物語こそがWUGの本質だと思うんです。
このアニメの主人公はWUGとWUGの関係者、ファンです。(過去の記事で詳しく書きました)
視聴者が自分で考えて初めて見えてくるものって結構多いんです。
そういう意味で主人公、とまでは言わなくても登場人物に視聴者は含まれるのかもしれません。
話全体が視聴者を突き放すようなつくりになってるのも、それを意図したものだと私は思ってます。

その結果置いてきぼりにされた視聴者は、自分を巻き込んで能動的にならないと絶対楽しめないつくりなんですよね。
担当声優さんに役を近づける試みとか、現実の声優ユニットのほうのライブに行ったら楽しめる箇所もあります。
何もかも荒削りですが、WUGは体験型のアニメだと思うんです。
自分で体験した思い、初めて見た時の気持ち、考えて見えてきた事は見てない人には絶対わからなくて、
それを踏まえてこの作品を評価した時、初めて正しい評価になるんじゃないかと思うんですよね。



私はこの作品が大好きで、今この記事を書いています。

ぜひ、WUGを腰を据えてゆっくり見て下さい。感じたこと思ったことは誰かと語り合って欲しいです。
そういう意味で一人で観るアニメではないですが、一人でも誰かと見ても面白いはず。
違和感を感じる箇所はきっとあるので、検索して考察サイトを鵜呑みにするだけじゃなく、(この記事もですね)
自分で考察してみてください。
絶対そのほうが面白いですから。



前回の記事
Wake Up,Girls!は失敗作か(1)

Wake Up,Girls!は失敗作か(2)


WUGカテゴリの記事は他にもありますので、よろしければ。

    
    


WUG本編より画像はお借りしています。